PMSは治療できる|女性特有の生理現象でも諦めないで

看護師

体調の変化

困る

女性特有のデリケートな悩みとして知られているのが、PMS(月経前症候群)です。月経予定日の2週間から1週間ほど前に強いイライラや気分の落ち込み、不眠などの精神的な症状が現れ始めて、月経が始まってから数日以内には自然におさまることが特徴です。全身のむくみ、便秘や下痢、疲れやすさなどの身体的な症状を伴う場合もあります。PMSの原因は未だはっきりとは解明されていませんが、排卵から月経までの期間に起こるホルモンバランスの急激な変化が、精神や身体のさまざまな症状を引き起こすと考えられています。PMSの症状がひどくなると、仕事や家事などの日常生活に深刻な影響を及ぼします。怒りっぽくなることで周囲との人間関係が悪化して、更なる落ち込みを招く悪循環に陥ってしまうケースも少なくありません。気の持ちようなどと安易に考えるのではなく、PMSの治療に積極的に取り組んでいる婦人科や精神科・神経科・心療内科を訪れて、専門医に相談することが解決への近道です。PMSとよく似た症状を呈することが多い、更年期障害や気分変調症などの他の病気との判別も重要です。正しい診断に基づいた適切な治療を受けることで、辛い症状が緩和されます。

PMSの治療方法としては、婦人科では副作用の少ない低用量ピル、精神科・神経科・心療内科では抗うつ剤や抗不安薬を使用しての薬物療法が一般的です。ひとりひとりの体質に合わせて、心身のバランスを整える漢方薬が処方される場合もあります。複数の診療科で処方される薬を併用する場合には、必ずそれぞれの主治医に報告や相談をすることが大切です。市販の健康食品やサプリメントの摂取についても、主治医や薬剤師に相談すると安心です。自分に合った薬を適切に服用して症状をコントロールすることが、PMSと上手に付き合っていくコツです。症状によっては、薬物療法に加えて、カウンセリングや栄養療法が取り入れられる場合もあります。病院を受診するさいには、月経の周期や基礎体温を記録したものを持参すると、正確な診断や治療に役立ちます。家庭でできるPMS対策としては、栄養のバランスがとれた食生活やじゅうぶんな睡眠を心がけるとともに、リラックス効果のあるアロマやハーブティーなどを楽しむのも良い方法です。お酒を飲んで気分を紛らわせるのは、控えるほうが賢明です。散歩や軽い体操などの運動で気分転換をはかりながら、全身の血行を促すのも効果的です。